ラジオ出演情報

More Story

運動神経が悪いと思う人こそやって欲しい今できるチェック法
2016年10月6日 - 10:29 PM
子どもの頃から運動が苦手。   運動神経が悪いと 言われ続けてきた。   そんな、あなた。   遺伝のせいに、していませんか?             今からお伝えすることを とにかくやってみてください。   遺伝や環境のせいにせず もっと基本の「感覚」を 見直しましょう。   その中でも 「固有感覚(こゆうかんかく)」 と言われる   " 無意識 "で働く 筋肉の曲げ伸ばしという 感覚を感じとるチェックです。     この感覚が上手く働くことで 頭で考えていること(イメージ)と 実際の動きが合ってきます。     運動が苦手 運動神経が悪いと思っている あなたにこそ試して欲しい。   では早速、やってみてください。       1 イスに浅く座る   背もたれは使いません。   浅く座り、前後左右に手を広げても 手が当たらないスペースを 確保しましょう。   2 腕を肩の高さで横に広げる   その際、手の平は正面を 向くようにします。       3 人さし指以外は握る   人さし指のみ使います。   手首を曲げて指先が 正面を向くようにします。   4 連続5回   動きの確認です。   肘を伸ばしたまま 横から体の前へ1回 指と指をくっつける。   できたら戻す。   また前へもう一度。   それを連続5回。   正確に、ズレないように。 人さし指の先を合わせます。   いよいよです。   5 立ちます   ここからが本番。   4番と同じ動きを 連続5回です。   準備はいいですか? それを   6 目を閉じて行います   目を閉じて連続5回。   それができたら 10回が本当の目標です。       いかがでしょう? 以外と難しいことに気づきます。   このように 目を閉じて思い通りの場所へ 体をコントロールすること。   この感覚が上手く働き始めると あなたの動きは飛躍的に 伸びます。   しかも チェック法とお伝えしましたが   繰り返すことで 立派なトレーニングになります。       まとめ   「運動神経が悪いのでできない」 と思い込んでいる方が多いです。   またすぐに 「筋肉不足だから」といって 違うことに原因を求めがちです。   それは違いますよ。     どんなにたくさん練習しようが イメージしていることと 違う動きをやっていたら 上手くできるはずがないですよね。     運動が上達するコツは イメージと動きを 合わせることです。           小西宏和       みなさん読んでます(1254views) 【バレエ】アラベスクで 足を高く上げる事が出来なくて ずっと悩んでいました。